○医大生の陰キャラ、陽キャラ

最近はどこでも陽キャ、陰キャラの区別をされているように感じる。今回はそれを医学部生に適用して見た。

 

まず医大生の陽キャ隠キャの概要はざっと以下のような感じだ。

 

陰キャラ:交際経験がないことが多い。ゲイなんじゃないかとネタにされたり。。チームワークがどちらかというと苦手な人が多く、コミニュケージョンでもオブラートに包んだりしたり、些細な部分で人と関わったりすることが苦手。典型的なのが激烈に意見対立してしまうことなど。

ただ頭はずば抜けている人も多く何か一つのことに集中できる力は本当にすごい。こういう人が基礎医学で大きな発見をして今話題のノーベル賞などにつながっていくのかな~と期待を抱かずにはいられない。

ファッションセンスは結構、低め。親(ママ)に選んでもらっている人も少なくない。

 

 

陽キャラ:人生、楽しんだもん勝ちという雰囲気を感じる。飲み会も頻繁に開催しており、そのためか知り合いも多く他学部との繋がりも強いことが多い。ただ遊んでるばかりというわけではなく、何気に勉強面でも最低限の水準はクリアしてくる人がほとんどのため、何事もハイパーに行うのが得意そう。おそらく外科的なタイプ。女子などに世間ウケが良いのはこっちのタイプの人なのかとは思う。

 

自分の大学では比率的には陰:陽=7:3かなと思う。

ただどっちにも当てはまらない不思議な人も多いかな。。

普通の学部でももちろん陰陽キャはいるのだが面白い点は

医学部は厳しい受験といったフィルターを通している上に同じ教育を受けているのにも関わらず、ここまで差が出てくるということだ。

 

written by  エンジニア:V型12気筒エンジン

Follow me!

コメントを残す