○医療機器っていくらぐらいするの??

こんにちは!

V12です!

 

人の命が密接している医療界。

 

そんな医療界で使われている医療機器っていくら何だろう??

 

そんなわけで今回はよく使われている物から大変珍しい医療機器の値段をまとめてみました!

 

(1)車椅子 16,800円

怪我した人であれば誰でも乗ったことがあるでしょう。

ブレーキ機能があることを考えると大体自転車と同じくらいになるんでしょうね!

 

(2)車椅子昇降機 1,075,646円

これは駅のホームにつながる階段などでよく見ると思います!

結構、重機ですからこれくらいのお値段になるのでしょう!

 

(3)義手 400,000円

義手はその人その人に形が合うようにオーダメイドで作成されるのでこれくらいするのですね!

 

ここ最近は筋肉電動義手といって筋肉の電気信号に反応して作動するものも出ていますね!そちらはもっとお値段がするでしょう。

 

 

(4)スポーツ用義足 4,500,000円

 

パラリンピックではこのスポーツ用義足で競技している選手を多くみますね!

ここ最近は機能向上が著しく、人間の足の機能をはるかに超えたものも出ているそうですね!

 

(5)MRI 300,000,000円、CT 100,000,000円

 

X線では骨など硬い物質を捉えますが、

MRI・CTはX線が捉えきれない、体内の柔らかい物質を捉えます!

 

とても大きい機械なのでお値段はなんと億越え!!

しかし、この真ん中の穴、、、閉所恐怖症の人には堪らなく怖いでしょうね。。

 

 

(6)PET 1,000,000,000円

 

これはちょっと難しいですが陽電子を体内に取り込んで体内分布を見る装置のようです!

細胞の活動状態を見ることができ、

主にがんや心臓、脳の病気の診断に役立てられているそうですね!

 

しかし、相当高度なシステムを用いているためかお値段はなんと10億越え、、、、

大病院でなければ導入できなさそうなレベルですね。。

 

(7)重粒子線治療装置 7,455,000,000円

先ほどのPETを超えてさらに大規模な医療装置がこの重粒子線治療装置です!

 

仕組みはもう高度すぎて詳しいことはわかりませんが

重粒子を放射線治療に用いることで体の奥深くにあるがん細胞を殺すそうですね!

 

日本ではそもそもがんの放射線治療がメジャーでないので馴染みない医療危機ですね!

 

光の70%の速度まで加速して重粒子を当てるってなんじゃそりゃ。。。

 

施設一個分のスペースを取ってしまうほど大きな機器らしく、値段も74億。。

もう立派な病院を1つ建てられるレベルですね。。

(i-ROCK 神奈川県立がんセンター重粒子治療施設 HPより引用)

(url: http://kcch.kanagawa-pho.jp/i-rock/medical/index.html)

 

以上になります!

 

しかし人命はお金に換算できないと言われているように

 

やはり、医療機器も途方もない値段まで行ってしまうのですね!

 

皆さんも病気にならないよう日々健康に気をつけていきましょう!

 

それでは!

Follow me!

コメントを残す