○大学生の結婚に対する意識調査!!

今回は、このサービスのターゲットである大学生の若者の意識がどのようになっているか調査資料をもとにまとめてみた。

 

今回参考にした資料はこちら。厚労省は毎年厚生労働白書を出していて、テーマに沿って分析している。たまたま、H25年の資料が若者意識に関するものだったので、まとめてみる!!

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000351681.pdf

 

 

 

結婚に関する意識

「結婚離れ」の背景に、結婚の社会規範の薄まりや恋愛結婚割合の増加がある。

 

  • ● 結婚するのが当たり前といったような社会の圧力は弱まり、結婚は人生の選択肢の一つ となっている。
  • ● その一方で、若者の結婚願望は高い割合で推移(9割弱)。

 

 

自由度が高くなっている現代では、逆に選ぶのが難しくなっているような現状がありますね。

 

 

多様な選択肢の中から、自力で「理想の相手」を見つけることの難しさも一因。

 

▽恋人がいる割合

● 異性の友人もいない割合は

 

  • 男性で約6割
  • 女性で約5割

 

に上っており、結婚相手の候補となりうる交際相手がいる若者は限定的。

 

 

▽収入

 

  • ● 無職や非正規雇用の労働者は正規雇用の労働者に比べて結婚意欲が低い。
  • ● 年収300 万円未満では既婚率が1割に満たないが、300 万円以上400 万円未満では25%を 超え、300万円が一つの壁。

 

このサービスを使えば、医学生対象なので、ここらへんはクリアーできそうですね。笑

 

結婚後

 

結婚後の女性は働いてほしいと思う割合は男女共に増加。

男性は家事・育児能力も求められている。

 

共働きが一般的なりつつありますね。

 

 

そこでオススメのサービス

 

テルル

 

このサービスは、現役医大生が開発した「プライベートを充実させたい女子大生」と「将来を約束されている男子医学生」をつなげるサービスです。『素敵な出会いの場』を提供しております。

 

 

いきなり街コンは、厳しい方はこちら

 

共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」


共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」

共通点からマッチングする新しいサービスです。これなら会話もはずんで仲良くなれます!

あの有名なメンタリストDaiGOが監修しているので、うまくいくこと間違いないです。

 

 

それでは

 

written by  タヌ

Follow me!

コメントを残す