○天皇の呼称

こんにちは、りょうです。

今日は天皇誕生日ですね。

明仁様、ハッピーバースデーです!

そして五月には今上天皇が生前退位しますね。

ということで今回は、天皇の呼び方をテーマにしたいと思

います。

 

江戸時代ぶりの生前退位

明治維新の間に、天皇のご崩御で元号が変わる「ー世一元の制」が採用されてから

生前で天皇位を次期天皇に御譲位するということが行われなくなっていたので

生前退位は実に江戸時代ぶりということになります。

 

退位後の天皇の呼び方

そうなると呼び方がよく分からなくなるという人もいるかもしれませんが

ご譲位された後は上皇もしくは太上天皇という呼び方が好ましいです。

いわゆる院政期に出てきたワードですね。

また先ほども用いましたが、現在の天皇は「今上天皇」と呼ぶのが良いです。

 

注意点

あと気をつけなければならないのは

天皇がいわゆる「[時代名]天皇」という名前で呼ばれるのはご崩御された後であるということです。

例えば後醍醐天皇は生きている間に「後醍醐天皇」と呼ばれることはなかったけれども

ご崩御された後に「後醍醐天皇」と呼ばれます。

 

つまり次の元号になったときに、間違っても現在の天皇を「Heise…」とお呼びしては、むちゃくちゃ不謹慎ということですね。

 

以上になります!

それでは祝日をみなさん楽しんでくださいね!

Follow me!

コメントを残す