○鎌倉時代の茶の湯と僧侶 part1

お久しぶりのりょうです!

この前は南北朝時代の裏話を話しましたね。

今回は、茶の湯の歴史について話したいと思います!

みんな知ってる千利休

茶の湯で有名なのが千利休ですね。

わびやさびという概念を確立し、日本独特の美意識の形成に大きく貢献しました。

簡単にいうと、シンプルイズベストです!

 

お茶を飲むことを日本に広めた栄西

茶の湯といえば、茶室で道具を揃えて、着物を着て、お茶をたてて、客人をおもてなしする、 堅苦しい儀式をイメージするとおもいます。

しかしながら、千利休は茶の湯を一文化として 大成させたのは間違いないのですが、お茶を飲むという習慣はそれ以前からありました

日本に飲茶を広めたとされているのが、意外なことに栄西です。

(なんだこの頭、、、、矢状縫合の早期癒合か??)

臨済宗の概要

歴史の教科書では、栄西は鎌倉時代のお坊さんで、臨済宗の開祖とされていたと思います。

ちなみに臨済宗は一休さんと同じ流派ですね。

「ポクポクポクチーン」とひらめいて、渡れない橋を渡る方法などを考えるのが臨済宗です。

当時は健康食品だったお茶

本題に戻ると、栄西は中国(このときは宋という王朝でした)に留学して、日本に茶をもたらしました。

鎌倉時代では、実は茶は健康食品でした

今でいう、ヨーグルトやスムージーみたいなものですね。

当時、お茶はどのようにバズったか

栄西は、曹洞宗の開祖である道元や、伝統的な流派であった華厳宗の明恵、律宗の叡尊、忍性に茶の重要性を説き、積極的に飲茶の習慣を普及するようにすすめました。

華厳宗の明恵には茶種を献上して、茶を栽培するように進言しました

明恵は、茶栽培に最適な土地を求めて茶園を複数築くのですが、そのうちの 1 つが抹茶で有名な京都の宇治です。

(平等院鳳凰堂があるのが京都の宇治でしたね)

これらの僧は高校の日本史のキモでしたので、当時は相当影響力があったのでしょう。

彼らが一斉に音頭をとって茶を普及しようと努めたので、仏教の普及に伴って貴族や僧侶の間で瞬く 間に茶を飲む風習が広まりました。

 

とりあえず、今回は以上になります!

次回は栄西源実朝の二人を巡る話になっていきます!

Follow me!

コメントを残す