〇恋愛対象と距離を縮めるコミュニケーション

こんにちは。Linです。
 
1週間更新が空いてしまい、ファンの皆様には大変申し訳ないことをしてしまいましたね。
今回は前回の予告通り、コミュニケーション編の2回目です。つまり、「恋愛対象との距離を縮めるコミュニケーション」です。
 
 
 
まだ読んでいない方、マスターしていない方は、飛ばして今回のを読んでも意味がありません。
距離を縮められるような恋愛対象もいませんからね(笑)
 
 
 
 
前回のコミュニケーション編をよく読み、マスターしてから今回のを読みましょう。
飛ばし読みしたところでモテないものはモテませんからね。
 
 
 
さて、今回は、前回のを踏まえた恋愛対象との距離を縮めるコミュニケーションですね。
前回のを踏まえて、まずは恋愛対象と仲良くなったところからスタートです。
 
 
 
 
 
ここで想定するシチュエーションは、合コンなどで仲良くなった恋愛対象との距離を縮めにいく」ところです。
LINEの交換をし、改めた挨拶までが完了している状態とします。
 
 
 
ここから皆さん困ることがありますよね?
そう、「どのように距離を縮めるか?」ですよね!
 
 
距離の縮め方を間違えると、一気に関係が壊れてしまう。
かといって距離感を初期状態で保ったままでいれば、そのうちどんどん疎遠になっていきます。
 
 
 
間違えないでください、恋愛において距離感を一定に保ったまま狙いにいくことなど不可能です。
2人の距離が変化し、近づいていく過程で恋愛関係が徐々に出来上がるんです。
車間距離じゃないんですから、一定区間を空けなければならないなんてルールはないんです。
 
 
 
 
 
本題に入りましょう。
 
 
LINEを交換してますね?
では、 必然的にLINEで話をする ⇨ 距離を縮める ことになります。
 
 
 
 
 
 まず、禁忌事項。
 
  • 「毎日大量のメッセージを送りつける」
  • 「超長文メッセージを送る」
  • 「連続してスタンプで返信する」
  • 「質問などを既読無視」
  • 「短文でテキトーな返信」
  • 「返信までに3日以上空けること」
 
これを平然としてしまう方、恋愛をやめましょう。
特に上2つをやってしまう方、社会の平和のためにも今のうちにお近くの交番で自首してきてください。
 
 
これは絶っっっ対に守ってください。
 
 
 
そのうえで、これから皆さんにテクニックをお教えします。
ありがたく頂戴してください。
 
 
 
 
 
 
とにかく、相手に自分のことを漠然とでも意識させることです。そのためには、メッセージの返信にはあまり間を空けないようにしましょう。
 
 
目安は30分~数時間程度です。やり取りが卓球のラリー状になってきたら、数分で返すのがいいでしょう。
 
 
 
 
 
内容は決して自分の自己満足になるようなこと、特に隙あらば自分語りはやめましょう。
こういうことをする人って大体長々としたメッセージを送りつけてくるんですよね(汗)
 
 
 
あと、話を切り出すタイミングで、「今何してるの?」、これはNGです。避けましょう。
一歩間違えればストーカーかメンヘラですよ。
 
 
 
アドバイスとして、こういうことを繰り返し送ってくる人は大体メンヘラなので避けましょう。
メンヘラはともすれば自分の生命を危険に晒すことがありますからね!
 
 
 
とりあえず堅苦しい話題は避けましょう。
相手も日経平均株価とかiPS細胞の話をされても楽しく無いでしょうからね。
 
 
それでも楽しいと思う、興奮するという人はよっぽどの変態です。性癖異常者と言わざるを得ません。
合コンなどで話しをした、好きなものや趣味の延長線の話をしましょう。
 
 
 
 
そしてここからです。
しつこくない程度に、次のデートの約束を取り付けてしまうんです。それも、あまり日が空かないうちにです。
そうすることで、自ずと相手の意識を自分に少しでも向け続けることができます。
 
繰り返しますが、しつこくない程度に、です。
相手が何度も躱してくる場合はもう脈がないと判断しましょう。
特に、日程が合わないときに代替案を出してこない人はもうデートする気なんてありません。無理だから諦めろということです。
 
 
 
 
「先のこと」や「次のデート」を決めておくことは、相手に自分の存在を意識をさせ、相手との心理的な距離感を縮めることに役立ちます。
こうやって徐々に距離を縮めるんです。
 
 
 
 
 


ここまでの流れをしっかり守って話を盛り上げられれば、デートもうまくいくはずです。
 
正直、LINEで距離を縮めながら、実際のデートで少しずつハートを撃ち落としにかかるというのが恋愛において最も合理的なんです。
 
その理由はまた次回お話しします。
 
 
 
 


今日は一旦ここまでにしましょう。 

今日は、「恋愛対象との距離を縮めるコミュニケーション」について話をしました。

次回はコミュニケーション編の最終回、「恋愛対象のハートを完全に打ち抜くコミュニケーション」です。
 


ここまでをしっかりマスターし、実践できるようにしておいてください。

Follow me!

コメントを残す